プログリットの割引キャンペーンは?教育訓練給付金と支払い方法で得できる?

プログリットの割引キャンペーンはあるのか?また、教育訓練給付金や支払い方法などで得できるのか?

そこで、プログリットをより安く、おトクに利用するための割引に関する情報をまとめました。

> プログリット公式サイトで割引キャンペーンを確認する

プログリットに割引キャンペーンはある?

残念ながら当記事の修正時点では、プログリットの割引キャンペーンは行われていません。

もしかすると、今後割引キャンペーンを行う可能性はありますので、最新の情報はプログリットの公式サイトを確認してみてください。

その他、割引にできる可能性がある情報を次の項目でご紹介します。

> プログリット公式サイトで割引キャンペーンを確認する

教育訓練給付金で割引にできる?

プログリットは、「一般教育訓練給付金制度」の対象になっているのか?

「一般教育訓練給付金制度」とは、雇用保険にある一定期間加入している方を対象とした国の制度です。

一部の英会話スクールでは、教育訓練給付金の対象になっており、特にTOEIC対策のコースが対象になっているケースがあります。

対象者であれば、こちらを申請する事で受講料の一部が国から支給されます。

こちらも残念ですが、プログリットは給付金制度の対象外のため、受講料が割引になる事はありません。

ただし、今後、プログリットでも教育訓練給付金認定のコースができる可能性があります。

こちらの最新情報も公式サイトからアクセスしてください。

> プログリットが給付金対象か公式サイトで確認する

返金保証制度で受講料は返ってくる?

ネット検索をすると、プログリットでは「返金保証制度が付いている」といった情報があります。

当記事の修正時点では公式サイトに返金保証が掲載されていませんが、運営元の株式会社GRITによると、30日間無条件の全額返金保証が付いています。

もし、自分に合わなかったとか、思っていたのと違う…という場合は、以下の要件を満たせば受講料が返金されます。

  1. 初回面談日より30日以内に申請
  2. 来店して書面での手続き(電話では対応できない)

今後、保証の内容変更や特典が付く可能性もありますので、最新情報はプログリットの公式サイトからご覧ください。

> プログリット公式サイトで最新情報を確認する

プログリットを支払い方法で得する方法

プログリットには割引キャンペーンがなく、教育訓練給付金制度も対象外です。

しかし、プログリットの支払い方法はクレジットカードのみで、カードによっては、年会費無料でポイントが付きやすく、さらに特典や保証が付くものもあります。

プログリットの受講料は高額ですので、そこにクレジットカード決済で1%でもポイントが付けば、多少なりともおトクに利用する事ができます。

年会費無料でポイントが増えやすいVISAカードはコチラ

プログリットの割引まとめ

プログリットの割引キャンペーンは、当記事作成時点で行われていません。

また、今のところ教育訓練給付金制度は対象外ですが、30日間の全額返金保証が付いています。

プログリットをできるだけおトクに利用するには、できるだけポイントが付きやすいクレジットカードで決済する方法になります。

プログリットは受講料が高額なので、還元率1%でもある程度のポイントが付きます。

もしかすると、今後、割引キャンペーンが行われたり、給付金制度も付く可能性がありますので、最新情報は公式ページからご覧ください。

> プログリットの最新情報を公式サイトで確認する