Versant対策に役立つスマホアプリ5つと、公式のスマホアプリをご紹介します。

Versantはテスト受験用の公式アプリがあり、いつでもどこでも受験する事ができます。

また、Versantテスト対策に役立つアプリを徹底的に厳選して5つのみ掲載しました。

当編集部おすすめのアプリはコチラ

Versant公式スマホアプリ

Versantでは、スピーキングテストのみ受験用のスマホアプリがあります。

Versantのライティングテストや、プレイスメントテスト(英語4技能のテスト)には、受験用のスマホアプリはありませんのでご注意ください。

Versantスピーキングテスト用アプリ

こちらを使ってVersantスピーキングテストをそのまま受験する事ができます。

表記が英語になっていますので、ある程度英語力がないと読む事ができません。

それらも含めて英語のトレーニングになるかと思います。

▼Versantテスト公式アプリ▼

Versantスピーキングテスト受験アプリ1
Versantスピーキングテスト受験アプリ2
Versantスピーキングテスト受験アプリ3
Versantスピーキングテスト受験アプリ4

出典;Google Play

このアプリはiPhoneとAndroid両方のスマホアプリが提供され、無料でダウンロードする事ができます。

Versant – App Store
> Versant – Google Play

スマホアプリでVersant対策をするメリット・デメリット

スマホアプリでVersant対策をしたい方のために、メリット・デメリットをまとめました。

メリットはスキマ時間での学習

スマホアプリでVersant対策をするメリットとしては、以下のようなものが上げられます。

  1. 通学・通勤時などスキマ時間の活用
  2. スキマ時間の活用により、しっかりとした学習時間の確保
  3. 時間があればいつでもどこでも学習できる
  4. 参考書などでカバンが重くならない・かさばらない
  5. 英語教材のCD・DVDのプレーヤーが不要

まとめると、スキマ時間に学習ができて、学習時間を確保しやすいのが利点と言えます。

また、参考書などを持ち歩かずに学習できるので、カバンが重くなりません。

デメリットは電源とパケット量

逆にデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  1. スマホがないと学習できない
  2. スマホの電源が切れたら学習できない
  3. ネット回線やパケット量の制限

電源が切れたり、ネットの量に制限があるサービスを利用している場合、学習しづらくなります。

しっかり充電しておく事はもちろんの事、持ち歩きできるスマホ充電器を用意したり、ネットやパケットを容量無制限のものに契約しておいた方が無難かと思います。

通信量無制限のスマホはコチラ

Versant対策に役立つアプリ5選

当記事の作成時点では、Versantテストのようにビジネス英語スピーキングに対応したアプリが少ないのが現状です。

そこで、アプリのみの学習だけでなく、講師と直接対話して学べるオンライン英会話のアプリも含めてご紹介します。

ご紹介しているアプリは、以下の基準で厳選しています。

  1. サービスの信頼性やアプリ自体の総合評価の高さ
  2. Versantテストのようなビジネス英語のスピーキングに対応
  3. アプリで独学できるものから、講師とのレッスンや添削ができる

Versant対策アプリについては、以下からご覧ください。

下町ロケット脚本家によるドラマ形式のビジネス英語アプリ

スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース
特徴:ドラマ形式のビジネス英語学習アプリ

リクルートが提供している大人気アプリ・eラーニングの「スタディサプリENGLISH」のビジネス英語コースです。

下町ロケットの脚本家が制作した、ドラマ形式でビジネス英語を学んでいくアプリです。

ビジネスの現場での自己紹介から海外出張など、シチュエーション別のビジネス英語を学ぶ事ができます。

ただ単にリンスニングやリーディングができるだけでなく、シャドーイング・キーフレーズチェック・瞬間発話プラクティスなど、Versant対策にかなり役立つ機能が満載です。

スタディサプリ ビジネス英語コース トップ画面
スタディサプリ ビジネス英語コース レベル
スタディサプリ ビジネス英語コース シャドーイング1
スタディサプリ ビジネス英語コース シャドーイング2
スタディサプリ ビジネス英語コース キーフレーズチェック
スタディサプリ ビジネス英語コース 講義
スタディサプリ ビジネス英語コース 瞬間発話プラクティス
スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース トレーニング

 

スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース QQ English1
スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース QQ English2

出典:スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース

また、このサービスはオンライン英会話のQQ Englishと提携しており、ビジネス英語コースのカリキュラムを元にオンライン・レッスンもしてくれます。

つまり、アプリでの自習+レッスンをする事ができ、かなり充実したVersant対策ができると思います。

スタサプENGLISHのビジネス英語コースは、7日間無料で利用する事ができますので、まずはお試ししてから検討する事もできますので、一度チェックしてみてください。

ごくせん脚本家によるストーリー形式の英会話アプリ

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース
特徴:ストーリー形式の日常英会話アプリ

こちらは、上の項目でもご紹介したスタディサプリENGLISHの別バージョン、「新新日常英会話コース」です。

「日常英会話」とあり、Versantに向いてないのでは?…と思う方もいるかと思いますが、職場・出張・飛行機など、ビジネス・シーンでも使える英語も学べます。

また、ビジネス英語コースよりも約1,000円安いので、より安く学びたいとか、日常英会話も学びたい方向けに今回ご紹介しました。

新新日常英会話コースは、「ごくせん」「ナースのお仕事」など大ヒットドラマの脚本家が作成したストーリー形式で学べます。

主にリスニングとスピーキングのトレーニング機能が付いており、単語・文法の基礎講義映像もありますので、ある程度Versantにも対応できると思います。

 

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース1
スタディサプリENGLISH 新日常英会話コースのカリキュラム
スタディサプリENGLISH 新日常英会話コースのディクテーション1
スタディサプリENGLISH 新日常英会話コースのディクテーション2
スタディサプリENGLISH 新日常英会話コースの瞬間発話プラクティス1
スタディサプリENGLISH 新日常英会話コースの瞬間発話プラクティス2
スタディサプリENGLISH 新日常英会話コースのカリキュラム2
スタディサプリENGLISH 新日常英会話コースとQQ English

出典:スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

こちらも同様にオンライン英会話のQQ Englishと提携しており、新日常英会話コースのカリキュラムを元にレッスンを受ける事ができます。

ビジネス英語コースと同じく、新日常英会話コースは7日間の無料お試しができますので、まずは体験してみてください。

アプリで各国のネイティブとスピーキング・レッスン

Cambly(キャンブリー)
特徴:各国ネイティブ講師とのオンライン英会話

Camblyは、アメリカ・イギリス・オーストラリアなど、各国のネイティブ講師を選択してオンライン・レッスンできるサービスです。
こちらはアプリが提供されており、講師が空いていれば、予約なしでもレッスンを受ける事ができます。
Versantスピーキングテストは、各国の発音の訛でリスニングしなくてはいけないため、どの国の発音に慣れたいか講師を選ぶ事で対策する事ができます。

また、ビジネス英語にも対応していますので、Versantのようなビジネス英語のスピーキングテストの対策をする事ができます。

参考:Camblyのコース一覧 初心者から上級者レベルのビジネス英語・TOEIC・IELTS・TOEFL対策・フリートーク グループレッスンや日本語・中国語・フランス語も対応?

Camblyのアプリ1
Camblyのアプリ2
Camblyのアプリ3
Camblyのアプリ4

出典:Cambly

受講する時間自体も、自分の都合やペースに合わせる事ができますので、まずは公式サイトをチェックしてみてください。

Camblyでは、プロモーションコードや紹介コードで無料体験できますので、以下の記事やコードも活用してみてください。

参考:Camblyのコードで最大50%割引+45分無料?プロモーションと紹介コードでお試し無料体験レッスン

ビジネス英語のスピーキングとライティングのオンライン添削

HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)
特徴:講師によるスピーキング、ライティングのオンライン添削

番外編としてはHiNative Trekをご紹介します。

アプリは提供されていないのですが、専用ページからIDとパスワードを入力し、スマホ一つで学習する事ができます。

こちらは英語のオンライン添削サービスで、毎日課題が届き、少しずつ英語のスピーキングとライティングの添削をしてもらえます。

HiNative Trek 受講画面1
HiNative Trek 受講画面2
HiNative Trek 受講画面3
HiNative Trek 受講画面4

出典:HiNative Trek

ビジネスコースとIT英語コースがあり、カリキュラムの内容的にもVersantスピーキングテストだけでなく、ライティングテストやプレイスメントテスト(英語4技能テスト)対策まで活用できると思います。

カリキュラム内でVersantを受講する英語コーチング&アプリ

PROGRIT(プログリット)
特徴:英語コーチング、カリキュラム内でVersantテスト受講

元サッカー日本代表の本田圭佑さんがアンバサダー(大使)を務めるPROGRITです。

こちらは英語コーチング・サービスで、個別のカリキュラムを作成し、自習をメインにコーチがサポートしてくれます。

専用のアプリが提供されており、上記の公式動画のようにシャドーイング(聞こえた英語フレーズの復唱)ができたり、スケジュール管理ができたりします。

PROGRITのアプリ スケジュール1
PROGRITのアプリ トレーニング
PROGRITのアプリ チャット・サポート
PROGRITのアプリ スケジュール2

出典:PROGRIT

カリキュラム内で受講前と後にVersantテストを受験しますので、別途Versantに申し込む必要がありません。

ビジネス英会話やTOEIC対策などのコースがありますので、あなたの希望にあったものを検討してみてください。

Versantアプリまとめ

Versantはスピーキングテスト用の公式受験アプリがあり、いつでもどこでも受験する事ができます。

また、Versant対策に役立つアプリとしては、ビジネス英語のスピーキングのオンライン・トレーニングから、レッスンや添削してもらえるものもありますので、ご自分に合ったものを選んでみてください。

参考:スタディサプリENGLISHとTOEICの違い 新日常英会話やビジネス英語コースとどっちが良い?両方使う?

手っ取り早くスコアアップをしたい方は、カリキュラム内でVersantを受講する、英語コーチング・サービスもありますので、一度チェックしてみてください。

当編集部おすすめのアプリはコチラ